スタンドフラワーを贈るときに役立つ情報

スタンドフラワーが人気の理由

コンサートやライブ、演劇などへの公演祝いのお祝い品に喜ばれるのは、スタンドフラワーと言われる生花ギフト。
イベントなどに贈られて嬉しいプレゼントのランキング1位です。

 

花を依頼する方法としては、簡単で分かりやすいのはネット通販で好みの花を何点かピックアップし、値段を見ながら花を選ぶ方法です。
仕事で忙しいときでも手間がかからないし、店の人とのやり取りの面倒もなく便利です。

 

例えば、この花屋はネットで人気なのですが、豪華なスタンドフラワーが業界最安価格でオーダーできます。

 

見た目に大きくて、ゴージャスな花を驚くような値段で作ってくれます!

↓↓↓    ↓↓↓



 

なぜ、花がお祝いのシーンに向いているのでしょうか。スタンド花が喜ばれるには理由があります。

 

主な理由を説明しますと、見る人すべてを魅了してくれることや、名前をつけられることによって宣伝効果が得られることなどが人気がある理由になります。
実際に見るとわかりますが、ナチュラル感のある綺麗な色と形で、演出効果を加えてくれます。それができるのが、花であり、フラワーギフトの魅力だと思います。

コンサートへのスタンドフラワー

スタンド花が利用される利用数の多い用途ではコンサートの公演祝いとして注文する人が多いです。

 

花が所狭しと並んでいるところを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

スタンド花というのは花屋によって出来上がりは多少違ってくるものです。おしゃれなスタンドであったり、ボリューム重視であったりします。

 

 

自分のイメージ通りの、希望の花が手配できるかどうかはフラワーショップによって決まります。

 

花の組合せや配色はセンスなので思い通りの花を手配したい場合は、花屋の特徴を見極めることが好みのスタンド花を手配するコツになるかと思います。

 

好みの花を作れるかどうかは、花屋のサイトで商品画像を確認してオーダーする流れが必要です。

 

スタンド花が利用される用途の頻度でいえばライブの開催祝いが多くを占めています。
芸能人の名前が付いたスタンド花を見る機会も多いかと思います。

スタンド花のデザインについて

スタンドの花を手配する会社によって花の仕上がりは基本的に異なってきます。
スタイリッシュだったり、ボリューム重視であったりします。

 

デザインが優れているかは発注先の花屋次第です。
花の出来はセンス次第なので思い通りの花を手配したい場合は、先ずは良い花屋選びが希望のスタンドフラワーを依頼するためのコツになるかと思います。

 

イメージ通りに花を手配できるかは、花の画像を比較して判断するのがおすすめです。

 

花スタンドの価格は15000円(税別)以上からが普通です。
どこの花屋も同じです。

 

最低価格なので可もなく不可もなくなので、さらに大きさや見た目を上げたいときは予算を2万円以上にして依頼するのがおすすめです。

 

赤バラがメインのフラワースタンド(花輪)は驚かせたい時にお奨めの花です。
誕生日のプレゼントにスタンド花として贈るとインパクトのある人気のおすすめ祝花です。
かかる費用はおおよそ3万円位で手配が可能です。

スタンド花を贈る前のポイント

スタンド花は、フラワーショップのスタッフが作りますから、制作する人によってセンスが違います。

 

お店の雰囲気が、その人の作る花のセンスと合っていれば良いのですが、贈った花がお店の雰囲気やデザインとはかけ離れているような物となってしまうことがあるのも現実です。

 

こういうことを避けるには、できるだけ同じ花屋に発注することが大切です。

 

例えば、花キューピットなどは注文した店と配達する店が異なるシステムです。
近所のおしゃれな花屋に注文したのに、実際に作って配達するのは違う花屋だったということが起こります。

 

お気に入りの花屋を見つけて、自店で作って配達してくれるショップを見つけましょう。

 

先方に贈る前に確認できるならば、どのような色を基調としている物が良いのか、大きさはどのくらいなのかなどを調べておくのがおすすめです。
何も確認せずに贈ってしまう事で、お店の雰囲気と全く合わず、失敗となってしまう事もあるので少しだけ注意しましょう。

 

シックなお店であり、その他のスタンド花は、おとなしい色合いの物ばかりが並んでいるのにも関わらず、1つだけ非常に豪勢であったりすると浮いてしまいますね。
また、生花スタンドが並んでいる中にポツンと造花の花輪があると、それだけで雰囲気が台無しとなってしまうのです。

 

大きさにも必ず配慮が必要となります。非常に狭い道の中に大きなスタンド花が置いてあると、邪魔になり、そのお店のイメージダウンにつながってしまう事があります。
そのようなお店の場合には、室内に置くことができるようなタイプの方がお勧めとなります。

 

イメージと違う花を贈ってしまう事がないように、事前に先方に連絡をしておくと良いでしょう。

 

その他に多い失敗としては、他のスタンド花に比べて、自分が贈ったスタンド花だけ、貧相であると感じてしまう場合です。
予算がない場合は仕方がないことですが、花屋によっては価格設定が高い花屋もあります。
そのような花屋に当たらないように気をつけましょう。

 

3万円程度の物を選べば、見劣りしない物を作ることができるとされていますが、予算がなくて1万円台の花しか選択できないときは、ここで紹介している花屋がおすすめです。

 


>>スタンド花一覧<<

 

大阪市と東京23区へは午前中のネット決済で最短当日中に届けてくれます。
ポイント割引もあるのでお得に注文できます。

スタンドフラワー関連サイト